【Amazon】ロジネットジャパン西日本 の荷物追跡・再配達方法とデリバリープロバイダ担当地域は

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

Amazonデリバリープロバイダ「ロジネットジャパン西日本」とは

デリバリープロバイダ ロジネットジャパン西日本ロジネットジャパン西日本)は、株式会社ロジネットジャパン西日本が提供している配送サービスです。

株式会社ロジネットジャパン西日本は、Amazon.co.jp の配送を担う地域限定宅配事業者である デリバリープロバイダ の1社です。

株式会社ロジネットジャパン西日本は、大阪市北区 に本社を置き、関西・東海エリアを中心に宅配サービスを提供しています。

ロジネットジャパン西日本は、昭和43年創業の歴史がある会社で、ロジネットグループの中核企業として、これまでのノウハウを生かして、アマゾンの配送にも参入しています。

同じデリバリープロバイダの札幌通運もロジネットジャパングループの企業です。

スポンサーリンク

ロジネットジャパン西日本の荷物追跡や連絡の方法は

ロジネットジャパン西日本の荷物を追跡する方法は?

ロジネットジャパン西日本で配送されるAmazon商品の状態は、配送状況照会サービスで確認できます。

Amazonデリバリープロバイダ 配送状況照会サービス

Amazon.co.jpのサイトや出荷通知メールで、お問い合わせ番号を確認しておきましょう。

ヤマト運輸のように、配達前に配達日時を指定することはできません。

ロジネットジャパン西日本の再配達依頼方法は?

不在票が投函されていた場合や、配送状況が不在になっていた場合は、再配達依頼サービスから依頼できます。

Amazonデリバリープロバイダ 再配達依頼サービス
配送状況照会サービス/株式会社T.M.G

ロジネットジャパン西日本の電話窓口は?

電話で問い合わせる場合の連絡先は、デリバリープロバイダ共通の0120-130-661 ですが、かかりにくい状態が続いているようです。

24時間対応の自動電話受付 050-5525-7445 もあります。

地域やドライバーによっては、再配達の連絡先として携帯電話に連絡できる場合があるようです。

スポンサーリンク

ロジネットジャパン西日本の担当エリアは?

ロジネットジャパン西日本は、以下のエリアに拠点を展開しています。

  • 兵庫県神戸市東灘区
  • 大阪府豊中市
  • 京都府向日市
  • 大阪府大阪市住之江区
  • 兵庫県三木市
  • 滋賀県栗東市
  • 大阪市北区
  • 大阪府茨木市
  • 静岡県周智郡森町
  • 滋賀県甲賀市
  • 大阪府摂津市
  • 愛知県小牧市
  • 静岡県焼津市
  • 愛知県清須市
  • 愛知県江南市

株式会社ロジネットジャパン西日本だけでなく、協力業者が配送しているエリアも含め、配送エリアは拡大しています。

なお、ロジネットジャパン西日本は営業所受け取りや、再配達になった荷物を配送センターに引取りに行くことはできません。

スポンサーリンク

ロジネットジャパン西日本の評判と内部事情

ロジネットジャパン西日本を含めた、Amazonデリバリープロバイダに対するネット上の評判は、決していいとは言えません。

  • 荷物追跡システムがあてにならない
  • 日時指定をしていても届かない事がある
  • 電話がつながらない
  • 愛想が悪い
  • 家にいたのに不在扱いになっていた

ロジネットジャパン西日本を含めたデリバリープロバイダは、いままでヤマト運輸や日本郵便がメインに配達を担当していたエリアを引き継いでいます。

荷物を受け取る側としては、ヤマト運輸や日本郵便と同じレベルのサービスや応対を期待するのは仕方のないことです。

対応の丁寧さやサービスは、最終的には配達員によって変わってくるのは事実でしょう。

実際、私の自宅も、ヤマト運輸とデリバリープロバイダの両方が配達に来ますが、どちらも愛想がよく丁寧な対応で、時間どおりに配達してもらえています。

どうしてもネットでは悪い評判が目立ちますが、デリバリープロバイダの評判も、地域や配達員によって大きく違うのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ロジネットジャパン西日本のシステムはまだまだ改善の余地あり

ロジネットジャパン西日本の評判が悪い一つの原因としては、システムの弱さがあります。

ロジネットジャパン西日本も、大手宅配業者と同じように、インターネットによる荷物追跡システムが提供されていて、伝票番号を入力すると荷物の状況を確認できます。

しかし、追跡システムに表示される内容がかなり大雑把なため、クレームの原因になっているようです。

デリバリープロバイダは複数の業者の集合体であり、個人事業主を含めた協力業者が配達しているエリアも多いため、情報をリアルタイムに反映しにくいという事情もあるようです。

このあたりは、大きな投資が必要になってくる分野なので、時間が掛かるでしょうし、大手の宅配業者とはどうしても差がつくところです。

荷物の状態がわからないのは、顧客満足度の低下に直結するので、改善してほしいところですね。