「配送業者 Amazon」の追跡・再配達と時間指定から回避方法まで

この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

「お客様の商品はAmazonがお届けいたします」と表示されたら

Amazonと提携する配送業者 ADPが商品の配送を担当します

Amazon.co.jp で注文した商品が配送業者 Amazonという見慣れない配送方法で配達されることが増えています。

配送業者 Amazon は、クロネコヤマトや日本郵便など、大手配送業者以外で、アマゾンの商品を配送する業者です。
ADPとも呼ばれており、荷物追跡や再配達の受付まで、アマゾンが直接行っています。
あくまでもアマゾンのサービス名で、ADPという社名の配送業者が存在するわけではありません。

アマゾンの配送業者には、地域限定運送業者の集合体であるデリバリープロバイダ(DPS)というよく似た仕組みがありますが、ADPはデリバリープロバイダとは全く別の仕組みです。
ADPとデリバリープロバイダは名前がよく似ているので、アマゾンのカスタマーサービスでも混乱することがあるようです。
配送業者がAmazonの注文であるとはっきり伝えましょう。

スポンサーリンク

配送業者Amazonの荷物を追跡する方法

配送業者Amazonの荷物はAmazonの注文履歴から追跡できる

配送業者 Amazonが配送する荷物が今どこにあるのかは、Amazon.co.jpの注文履歴から追跡できます。
配送業者Amazonの注文の場合、実際の配達はADPと呼ばれる提携配送業者が行いますが、荷物追跡システムは、Amazon.co.jpのシステムを利用しています。
そのため、最新の状態を、注文履歴から確認することができ、Amazon.co.jpにログインしていれば、荷物1個ごとに割り当てられているお問い合わせ番号の入力もは不要です。

配送業者AmazonのトラッキングIDは DA か 99 から始まる

配送業者 Amazonの荷物を特定するためのお問い合わせ番号は、DA99から始まります。
お問い合わせ番号は、Amazon.co.jpの注文履歴や出荷通知メールでも確認できます。

トラッキングIDがDAや99から始まる場合は、荷物の追跡はアマゾンの注文履歴から行います。

まれに 配送業者 Amazonと表示されていても、トラッキングIDが DA や 99 から始まらない場合もあります。
お問い合わせ番号がDAや99から始まらない場合は、配送業者Amazonと表示されていても、アマゾンの注文履歴から荷物を追跡することはできませんが、デリバリープロバイダの追跡システムで確認できます。

(まとめ)配送業者ADPの場合の追跡方法

配送業者トラッキングID追跡方法
Amazon(ADP)DA または 99 から始まる12桁の番号アマゾンの注文履歴から確認
11 45 55 66 82 83 84 85などDA 99 以外から始まる12桁の番号デリバリープロバイダの追跡システムで確認
スポンサーリンク

配送業者Amazonの荷物を再配達依頼する方法

配送業者Amazonの再配達依頼は電話でできる

ポストにAmazonの不在票が投函されていた場合や、在宅していたのに配送状況が不在になっている場合は、都合のいい時間帯に改めて配達してもらうことができます。
配送業者Amazonの再配達は、Amazonカスタマーサービスの再配達受付電話から依頼できます。

Amazon(ADP)自社配送専用 再配達自動受付番号(無料)0120-899-068

再配達にはDAか99から始まる12ケタのお問い合わせ番号(トラッキングID)が必要です。
お問い合わせ番号は、不在票に記載されていますが、書かれていない場合や読めない場合などは、Amazonの注文履歴から確認できます。

配送業者Amazonの再配達依頼は注文履歴からネットでできる

Amazon ADPの不在票に問い合わせ番号が書かれていない場合や、外出先で問い合わせ番号(トラッキングID)が確認できない場合でも、ADPの再配達は、Amazonの注文履歴から依頼できます。

Amazon.co.jp 注文履歴https://www.amazon.co.jp/yourorders/

注文履歴から、対象の注文を選んで「再配達を依頼する」をタップすると、再配達の依頼ができます。
DAか99から始まる12ケタのお問い合わせ番号は必要ありません。

配送業者Amazonの再配達は希望日時の指定ができます

Amazon 自社配送(ADP)の再配達は、以下の時間帯から指定できます。

入力番号希望の配達時間帯受付締め切り時間
18時~12時配達希望日の午前1時30分まで
214時~16時
316時~18時
418時~20時配達希望日の午後4時まで
519時~21時

時間帯の枠は、クロネコヤマトとほぼ同じです。
日中12時から14時の時間帯は指定することができません。
また、午前中指定の場合はクロネコヤマトよりも1時間早い午前8時から配達が始まりますので注意しましょう。

スポンサーリンク

配送業者Amazonが配達を担当しているエリア

全国で展開中です

配送業者 Amazon はAmazonのブランドで配送を行っている業者の集合体です。
あくまでもAmazonの自社配送部門という位置づけのため、追跡システムや不在票からは、実際の配達をしている配送業者を判別することはできません。

実際の配送は、ほとんどのエリアで今までデリバリープロバイダとして配送を担当してきた、地域限定配送業者が引き続き担当しています。
また、関東や東海など一部エリアでは、アマゾンと個人が直接契約して配送を担当する、AmazonFLEX (アマゾン・フレックス)も、配送を担当しています。

スポンサーリンク

配送業者 Amazonができることとできないこと

ADPの営業所や配送センターで受け取りはできない

ADPの担当業者にも配送センターや営業所がありますが、配達前に配送センターで荷物を受け取るセンター止めや、再配達になった荷物を配送センターに引取りに行くセンター引取には対応していません。

配送業者Amazonはコンビニ受け取りに対応していない

ADPは、不在で受け取れない場合でも、コンビニ受け取りに変更することはできません。

配送業者Amazonは置き配指定に対応している

ADPは、Amazonの新サービスとして、不在でも在宅でも、指定場所に配達していく置き配指定に対応しています。
置き配指定は、注文履歴からその都度好きな場所を指定でき、配達後に置き場所の写真が届きます。
置き配の場所として指定できるのは、宅配ボックス、玄関、ガスメーターボックス、車庫、自転車のかご、建物内受付/管理人 です。
配送業ADPの場合でも、商品や担当する配送業者によっては置き配指定ができない場合もあります。

スポンサーリンク

配送業者Amazonの評判と内部事情

ADPの配送は評判が良くない

配送業者Amazonに対するネット上の評判は、決していいとは言えません。

  • 荷物追跡があてにならない
  • 再配達依頼をしていても届かない
  • 聞いたことないので怪しい
  • 愛想が悪い
  • 家にいたのに不在扱いになっていた

配送業者 Amazonは、いままでヤマト運輸や日本郵便がメインに配達を担当していたエリアを引き継いで、Amazon商品の配送を担当しています。
荷物を受け取る側としては、どうしてもクロネコヤマトや日本郵便と同じレベルのサービスや応対を期待するのは仕方のないことです。

対応の丁寧さやサービスは、最終的には配達員によって変わってくるのは事実でしょう。
実際、私の自宅も、ヤマト運輸とADPの両方がAmazon商品の配達に来ますが、どちらも愛想がよく丁寧な対応で、時間どおりに配達してもらえています。

どうしてもネットでは悪い評判が目立ちますが、ADPの評判も、地域や担当会社、配達員によって大きく違うのではないでしょうか。

スポンサーリンク

配送業者Amazonの配送で届かないなどのトラブルにあったら

配送業者Amazonの窓口はAmazonカスタマーサービスです

配送業者Amazonに限らず、何らかのミスやトラブルにより、予定日にとどかない、紛失した、連絡が取れないなどの配送トラブルに遭遇することがあります。
配送業者Amazonが担当する注文でトラブルにあった場合には、相談の窓口は、Amazonカスタマーサービスです。

Amazonカスタマーサービス(無料)0120-999-373

最終的に配達をしているのは、Amazonの協力会社ですが、ADPはあくまでもAmazonの宅配部門という位置づけです。
荷物の破損や盗難、遅配などのクレームや、配送状況の問い合わせも、Amazonカスタマーサービスが対応します。

スポンサーリンク

配送業者 Amazonを回避する方法はあるのか

Amazon.co.jpでは現時点で配送業者を指定した注文はできない

Amazon.co.jp が販売する商品は、配送業者を指定して注文することは出来ません。
配送先の住所だけでなく、商品の出荷される倉庫や、商品の大きさや重さなどに応じて、アマゾンが配送業者を自動的に判定します。
また、商品が出荷され、通知メールが届くまで、どの配送会社で配送されるかもわかりません。
アマゾンの商品を届けてくれる配送業者は、購入者からは指定できないので、完全に運次第ということになります。

お急ぎ便やお届け日時指定便なら配送業者Amazonにならない?

Amazon.co.jp の基本的な配送方法は、一定額以上の注文で送料無料になる 通常配送 です。
日時指定はできず、在庫状況やエリアによっては、翌日にとどく場合もありますが、長いと1週間ほどかかる場合もあります。
通常配送 よりもスピーディーに届くのが、配送オプションの お急ぎ便当日お急ぎ便 で、Amazon.co.jpの配送センターに在庫がある商品なら、最短で注文当日、遅くとも3日以内には届きます。
また、お届け日時指定便 を利用すると、配達希望日と時間帯を指定することができます。
届くまで時間がかかる 通常配送定期おトク便の場合は、配送業者 Amazon が配送を担当し、スピーディーな お急ぎ便お届け日時指定便 なら、クロネコヤマトやゆうパックの配送になると言われていますが、本当なのでしょうか?

実は、お急ぎ便お届け日時指定便の場合でも、配送業者Amazonの配送になる場合があり、必ず ヤマト運輸 や 日本郵便 の配送になるわけではありません。

過去には、お急ぎ便 や お届け日時指定便 を指定すれば、 クロネコヤマトや日本郵便 の配送になっていた時期がありましたが、現在は、お急ぎ便 や お届け日時指定便 でも、エリアや時間帯によりますが、配送業者Amazon が担当するケースがほとんどです。

Amazonプライム会員なら配送業者Amazonにならない?

年会費または月会費を払うと、送料無料や音楽聴き放題などの多彩な特典を受けられるのが、Amazonプライム です。

子育て世帯向けの Amazonファミリー や、学生向けの Amazonスチューデント でも、Amazonプライムと同等のサービスを受けることができます。

有料会員である Amazonプライム の会員なら、配送業者Amazon の配送を回避できると言われていますが、本当でしょうか?
残念ながら、 Amazonプライム会員 でも、配送業者Amazonが担当する場合があります。
Amazonプライム会員 の場合、お急ぎ便 や お届け日時指定便 の手数料が無料になるため、Amazonプライム会員の注文は基本的に お急ぎ便 になります。
以前は、お急ぎ便 の場合は、ヤマト運輸や日本郵便が配送していましたが、最近は配送業者Amazonもお急ぎ便の配送を担当しているため、Amazonプライム会員 であっても回避することはできません。

コンビニなどでの店頭受取 や Amazon Hubを利用する方法しかありません

Amazon.co.jpの注文時点で、配送業者を指定する方法はありません。

どうしても 配送業者Amazon の配達が嫌で、避けたいという場合には、店頭受取 を指定する方法があります。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ヤマト運輸営業所止め

また、駅や店頭に設置されているAmazon専用の宅配ロッカー や、駅やスーパー、クリーニング店などでAmazonの商品を受け取れる、Amazon Hub が現在展開されていますので、Amazon Hub を利用する方法もあります。

店頭受取は、自宅への配達ではないので、指定した場所へ受け取りに行く必要がありますが、コンビニなど営業時間の長い場所も指定できるので、いつ届くかわからない、待っていた荷物が来ていない、というストレスから解放される効果は期待できます。