【Amazon】「不在票情報が存在しません。お電話にてご確認ください。」と表示されるデリバリープロバイダの荷物を再配達依頼する方法

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

Amazonのデリバリープロバイダ「不在票情報が存在しません。お電話にてご確認ください。」の荷物を再配達依頼する方法

デリバリープロバイダの再配達はWebの再配達依頼システムから依頼できます

Amazonで購入した商品の配達がデリバリープロバイダの場合があります。
配達に来たときに不在だった場合には、改めて配達に来てもらうように、再配達を依頼する必要があります。
デリバリープロバイダには、Webの再配達依頼システムがあるので、お問い合わせ番号で再配達を依頼ができます。

TMG再配達依頼システムで「不在票情報が存在しません。お電話にてご確認ください。」と表示されることがあります

デリバリープロバイダの再配達依頼システムで、お問い合わせ番号を入力した結果が 不在票情報が存在しません。お電話にてご確認ください。 というエラーになる場合があります。
この場合は、再配達依頼システムに荷物の最新状況が反映されていません。
システムからの再配達依頼はできないため、別の方法で再配達を依頼しなくてはいけません。

スポンサーリンク

Amazonデリバリープロバイダの再配達依頼方法

まずはTMG再配達依頼システムで手配しましょう

Amazonデリバリープロバイダ各社が共通で利用している再配達依頼システムがあります。
TMG再配達依頼システムにお問合せ番号を入力すると、再配達を手配できますので、お問い合わせ番号を入力してみましょう。
荷物の最新情報が反映されていれば、インターネットから再配達を依頼することができます。

再配達依頼システムが「不在票情報が存在しません。お電話にてご確認ください。」になる場合は電話で再配達を手配しましょう

デリバリープロバイダの再配達依頼システムは、お問い合わせ番号がわかれば再配達を依頼できますが、まれに「不在票情報が存在しません。お電話にてご確認ください。」というエラーが表示され、画面が進まない場合があります。

手元に不在票があるのに「不在票情報が存在しません。お電話にてご確認ください。」のエラーが表示された場合は、荷物の最新情報がシステムに反映されていないことが考えられます。
再配達依頼システムから依頼できるようになるまで時間がかかると予想されるため、電話で再配達依頼をするといいでしょう。

デリバリープロバイダ 再配達依頼電話番号
自動電話受付: 050-5525-7445(24時間)

有人の電話受付窓口もありますが、再配達の依頼だけであれば、24時間対応の自動電話受付がおすすめです。

スポンサーリンク

デリバリープロバイダの再配達は時間指定ができる

再配達受付システム・自動音声受付ともに再配達希望時間の指定ができます

デリバリープロバイダの初回配達は時間指定ができませんが、再配達の場合は、以下の時間帯から指定できます。

時間帯番号希望の配達時間帯受付時間
19時~12時配達希望日の9時まで
212時~14時
314時~16時
416時~18時
518時~20時配達希望日の18時まで
620時~21時
7時間指定なし18時以降は翌日配達

デリバリープロバイダの場合、あくまでも希望時間帯という扱いのようで、指定時間外でも近くに来た場合に配達される場合があるようです。

スポンサーリンク

再配達をかけても反映されない場合

配送ステータスにはタイムラグやばらつきがあるのでしばらく待ってみましょう

追跡システムは、デリバリープロバイダの各社が共通で使っていますが、追跡データを入力するタイミングやルールは、配送会社や配達員によって統一されていないようです。
追跡システムで検索しても、ステータスが長時間変わらない場合や、再配達依頼をしても届かない場合は、Amazonカスタマーサービスに問い合わせしたほうがいいでしょう。

デリバリープロバイダとは

デリバリープロバイダとは、Amazon.co.jpと提携している、地域限定配送業者のことです。

実際に配送を担当しているのは、下記の配送業者か、その協力会社(個人事業主など)です。